今、新興国をはじめ、欧米以外の国々とどうつき合えばいいか、改めて悩み始めた日本企業が多いようです。背景には次のようなことがあると思われます。