携帯電話、自動車、住宅、流通…。日本企業のシリコンバレー進出が再び増えている。過去と違うのはその本気度だ。どっぷりとこの地に浸かり、革新を我が物にしようとしている。背景には、日本企業を覆う停滞を打破しなければとの危機感がある。