先進各国の経済はいまだに危機前の水準まで回復しておらず、2014年も見通しは暗い。米国だけ失業率が低下し、製造業に回復の兆しはあるが、長期失業者問題に解決策は見えない。米国でも大半の労働者にとって回復は別の世界の話だ。