日立は「日本の優等生」よりもグローバルエクセレンスへの道を選択した。急遽発表された社長交代は、経団連と距離を置くメッセージだ。ガバナンスや報酬の考え方で、財界とは既に大きな乖離があった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2658文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題