日立は「日本の優等生」よりもグローバルエクセレンスへの道を選択した。急遽発表された社長交代は、経団連と距離を置くメッセージだ。ガバナンスや報酬の考え方で、財界とは既に大きな乖離があった。