小泉純一郎元首相の「ゼロ発言」もあり、2014年は原子力発電の存廃を巡る議論が一段と活発になりそうです。