残酷なまでにまぶしい太陽が、重く閉じた正門に降り注いでいた。従業員はまるで罪人のようにフードを被り、裏門から構内に小走りで消えていく。それを眺めて、地元の男性は呟いた。「ここは元々、悪(あく)なんだよ」

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り602文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題