残酷なまでにまぶしい太陽が、重く閉じた正門に降り注いでいた。従業員はまるで罪人のようにフードを被り、裏門から構内に小走りで消えていく。それを眺めて、地元の男性は呟いた。「ここは元々、悪(あく)なんだよ」