育毛治療と聞いて、人工毛を頭皮に植え込む植毛をイメージするとしたら、時代遅れと言っていい。2005年、男性型脱毛症「AGA」の治療薬として、男性ホルモンを抑制して抜け毛を防ぐ「プロペシア」が厚生労働省の承認を受けたことを機に、「飲んで治す育毛」が一気に浸透。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り979文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「CULTURE」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。