育毛治療と聞いて、人工毛を頭皮に植え込む植毛をイメージするとしたら、時代遅れと言っていい。2005年、男性型脱毛症「AGA」の治療薬として、男性ホルモンを抑制して抜け毛を防ぐ「プロペシア」が厚生労働省の承認を受けたことを機に、「飲んで治す育毛」が一気に浸透。