葛飾北斎の代表作『冨嶽三十六景』は、富士山の様々な風景を描いた版画の連作。後年も版が重ねられ、国内はもとより海外でも高い評価を得ている。メード・イン・ジャパンの先駆とも言えそうな、この世界的なヒット作は、いかにして誕生したのか。