葛飾北斎の代表作『冨嶽三十六景』は、富士山の様々な風景を描いた版画の連作。後年も版が重ねられ、国内はもとより海外でも高い評価を得ている。メード・イン・ジャパンの先駆とも言えそうな、この世界的なヒット作は、いかにして誕生したのか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2048文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「CULTURE」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。