経済の名著を歴史的に俯瞰すると、それは「資本主義」を巡る相克の物語になる。アダム・スミスに始まる市場と小さな政府を目指す「古典派」は、その名の通り経済学の本流として時代を超えて生き続け、「新古典派」「マネタリズム」へと引き継がれている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2417文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「CULTURE」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。