昨年12月26日、安倍晋三首相が靖国神社に参拝した。米国が「失望」という強い表現で参拝を批判したあたりから、いつもとは違う空気が漂い始めた。