2014年は先進国も新興国も水準こそ低いが、穏やかな経済回復を遂げるだろう。だが、先進国は依然として高水準の債務を抱え、構造改革の進展は期待できそうもない。新興国も成長が加速する国がある一方で、不確実性にさらされるため先行きは不透明だ。