子供がお年玉を握り締めて走り回るこの季節、玩具小売業界はクリスマス商戦とはまた違った活況を見せる。玩具市場規模(テレビゲームを除く)の推移を見れば、2000年代半ばまでは下降線をたどり、近年は7000億円規模を保っている。世の中は少子化傾向にあるが、メーカーの企業努力で、商品力のある玩具を生み出していることが業界の衰退に歯止めをかけている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1121文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2014年1月13日号 20ページより目次

この記事はシリーズ「時事深層(2014年1月13日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。