多様性を受け入れる意思さえあれば、メード・ウィズ・ジャパンの輪は増殖する。日本人、日本のためにという桎梏(しっこく)から逃れ、世界に経営を開く。それこそ、この先10年にわたって成長を持続するための条件となる。