それを「産業の空洞化」と、「技術流出」と、「雇用の喪失」と呼ぶ向きもある。だが、世界経済のダイナミズムは、既にメード・イン・ジャパンの輝きを曇らせた。自尊心をくすぐる自前主義と決別することで、日本企業が進むべき道が見えてくる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り7944文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2014年1月13日号 24~31ページより

この記事はシリーズ「特集 メード・ウィズ・ジャパン」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。