それを「産業の空洞化」と、「技術流出」と、「雇用の喪失」と呼ぶ向きもある。だが、世界経済のダイナミズムは、既にメード・イン・ジャパンの輝きを曇らせた。自尊心をくすぐる自前主義と決別することで、日本企業が進むべき道が見えてくる。