戦時中、劣悪な労働条件で強制的に働かされた。韓国の元徴用工の訴えを容れ、賠償を命じる判決が相次いだ。解決済みだったはずの請求権問題が浮上。韓国社会に詳しい呉善花氏にこの背景と展望を聞いた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1355文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題