宇宙探査機はやぶさが、光の尾を引いて地球に戻ってきたとき、私は、不思議な縁を感じずにはいられなかった。奇しくも父、松本強は陸軍航空部隊に所属し、この探査機と同じ名を付けた「隼」を操っていた。父の存在は、後の私の作品に大きな影響を与えている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り9781文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 THE 100 ― 2014 日本の主役」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。