優秀なグローバル人材になるための一番人気の“留学先”は軽井沢──。そんな時代が来るかもしれない。2014年8月、長野県軽井沢町に日本初の全寮制インターナショナル校が開校する。欧米の「ボーディングスクール」をアジア流にアレンジした「インターナショナルスクール・オブ・アジア軽井沢(ISAK=アイザック)」だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3446文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 2014年 これが売れる」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。