当局の規制が行き届かず、中国でその存在が膨らみ続ける「シャドーバンキング」──。その中核をなすのが利殖商品の「理財商品」だが、その運用には様々な問題が潜む。情報開示が不十分で、金融機関内では理財商品間で利益のつけ替えなどが横行している。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2883文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2014年1月6日号 111~112ページより目次

この記事はシリーズ「世界鳥瞰(2014年1月6日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。