一昔前までは各家庭で作られていたおせち料理も、少子高齢化や核家族化の流れとともに、小売店などで買い求める人が増えてきている。お正月くらいは贅沢をしたいという消費者心理を映してか、おせちビジネスは不況にも強いというのが百貨店業界の通説になっている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1450文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層(2014年1月6日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。