一昔前までは各家庭で作られていたおせち料理も、少子高齢化や核家族化の流れとともに、小売店などで買い求める人が増えてきている。お正月くらいは贅沢をしたいという消費者心理を映してか、おせちビジネスは不況にも強いというのが百貨店業界の通説になっている。