新卒採用活動が本格化する中、厚生労働省の調査結果が波紋を広げている。悪質なブラック企業と見なされる会社のうち8割に法令違反が見つかったためだ。企業側は「ブラック」と見られないための対策に追われている。