日本維新の会を離党し、議員辞職に踏み切った東国原英夫・前衆院議員。当選からわずか1年での辞職には「職務を途中で放り出した」など批判も多い。都知事選への出馬もささやかれる中、辞職の背景と今後の去就を語る。