2020年東京五輪のメーンスタジアムを手がける大本命と噂される。他社と比べて抜きんでた利益率の背景には、徹底したコスト管理意識がある。将来の海外事業に対しても、抜かりない戦略を持って臨む。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り6116文字 / 全文文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題