絶大な人気を誇り3期目に突入するメルケル首相に、最大の試練が訪れている。国内では格差拡大への対処を迫られ、海外からは「独り勝ち」批判が強まっている。内憂外患への舵取りは、欧州連合(EU)の将来を左右する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4801文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題