ドイツ語で「ミッテルシュタント」と呼ばれる中小企業は「経済の屋台骨」と言われ、ポジティブな響きがある。非上場の家族経営で歴史が長く、地方に拠点があり地元の雇用を重視する。