今年5月、欧州のクラブチームが戦う「UEFAチャンピオンズリーグ」で、ドイツのバイエルン・ミュンヘンが12年ぶりに優勝した。英アーセナルやスペインのバルセロナなどの強豪を下して到達した決勝の相手は、同じドイツのボルシア・ドルトムント。ドイツサッカーの黄金期到来を世界に印象づけた。