企業や経営者の「禅的経営」がトレンドとなる一方で、そもそも禅の発信源である寺も近年、産業界との連携を強めている。