再建不能とささやかれた日本航空(JAL)を会長就任から1年で黒字化。それだけでなく、経営危機をもたらした従業員の意識改革まで成し遂げた稲盛和夫氏。独特の経営哲学に流れる禅の教えを通し、“稲盛流”の神髄に迫った。