CPI(消費者物価指数)の底入れが鮮明になっている。ただ、寄与度では円安、原油などの値上がりが半分を占める。来年も脱デフレの道を歩めるか。持続力には疑問符がつく。