長らく低迷が続くスキー市場に、復活の兆しが見え始めた。原動力は、スキーブームに沸いたバブル世代の“山帰り”。 関連各社はアジア人観光客の誘致にも注力し、再興へと動く。