2009年発足の産業革新機構で、初の「出口」案件が決定。日本電子の“お荷物事業”は、2年半で黒字化を遂げた。官民ファンドの事業再生はモノ作り復活のモデルとなるか。