原子力発電所事故後に退職した東京電力社員は約1400人。だが、元東電社員に対する転職市場の評価は、決して高くない。一方、人材の流動化は電力市場の自由化にプラスに働く面も。