スマートフォン向けの格安通信サービスが相次いで登場している。各社は従来の3分の1以下という料金で消費者の支持を集める考えだ。新規参入組の価格破壊は、大手の料金戦略にも影響を与えつつある。