TPP交渉が大詰めを迎え、一大転機に直面する国内農業。「攻めの農業」の切り札として農林水産物の輸出増に期待が高まっている。官民双方の取り組みが本格化する中、ハードルの高さも浮き彫りになってきた。