2013年はアベノミクスとともに企業業績が回復した。続く2014年に一段と飛躍できるか。中国リスクやグローバル競争の激化、消費増税などの波乱要因もあり、楽観もできない。新年の経済動向、そして企業の課題は。厳しい市場で戦う経営者と経営学者が論じた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4897文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題