2013年はアベノミクスとともに企業業績が回復した。続く2014年に一段と飛躍できるか。中国リスクやグローバル競争の激化、消費増税などの波乱要因もあり、楽観もできない。新年の経済動向、そして企業の課題は。厳しい市場で戦う経営者と経営学者が論じた。