9月下旬、保田晴一さん(62歳)は生まれた時から暮らしてきた神奈川県大和市を離れ、妻の宣子さん(63歳)とともに北海道厚真町に移り住んだ。北海道に特別な縁があったわけではない。しかし、「仕事に区切りをつけた後は、やりたいことを」と、以前から考えていた移住に踏み切った。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1831文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 年金はどこまで減るか」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。