千葉県に住む大久保亨さん(59歳、仮名)は今、来年から始まる年金生活を前に頭を悩ませている。地方公務員だった大久保さんは昨年、30年以上続けてきた仕事を早期退職した。公務員改革の一環で退職金が年々減少している。体力を使うことも多い仕事がだんだんきつくなってきたこともあり、退職金を多くもらえる早期退職を選んだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1985文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2013年12月9日号 32~33ページより

この記事はシリーズ「特集 年金はどこまで減るか」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。