日本企業のM&Aでここ数年の特徴を挙げるとすれば、先進企業と出遅れ企業の間における力量の差の拡大だろう。前者はM&A先を自ら探して絞り込み、契約からその後の統合・経営まで自分で切り回すM&A巧者になっている。一方、後者は当初の狙いを大きく下回る結果しか出せない事実上の失敗企業である。