買収を終えたとして、次に来る課題は現地企業をうまく経営できるかどうか。日本企業はこの点でまだ不安を抱えている。現地の事情を知らないまま日本人が買収先に乗り込んでいって、マーケティングや製品開発などで的外れな指示を繰り返し、シェアを失った揚げ句、優秀な人材が退職するといったことは少なくない。結果、買収先の価値を自ら落としてしまうのである。