地元商社のA社長から、体調不良が疑われるBさんへの対応について相談された。Bさんは大卒の新人で、仕事に熱心な模範的社員だが、遅刻や居眠りが急に増え、顔つきも暗くなったという。最近、取引先から請求ミスで叱責されたことがあったらしい。社内では誰も問題にしていないが、どう声をかけたらよいかとのことだった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1449文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題