家電量販最大手のヤマダ電機が、大手で唯一の赤字決算に落ち込んだ。過度なネット対抗が原因とするが、真の敵は外部ではなく己の中に潜む。業界の雄は進化を果たせるのか、“現代の恐竜”となって滅びるのか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2834文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題