前任の末川久幸社長が健康不良を理由に退任してから8カ月。再登板した前田新造社長は国内事業の立て直しを急ぐ。次の経営者にバトンを手渡すための取り組みについて聞いた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2891文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層(2013年12月9日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。