武田薬品工業次期社長に、英製薬大手の幹部が内定した。グローバル化に邁進した、長谷川閑史社長ならではの人事だ。日本で成功例が少ない外国人トップは、今度こそ機能するか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1422文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員なら

人気コラム、特集…すべての記事が読み放題

ウェビナー日経ビジネスLIVEにも参加し放題

バックナンバー11年分が読み放題