武田薬品工業次期社長に、英製薬大手の幹部が内定した。グローバル化に邁進した、長谷川閑史社長ならではの人事だ。日本で成功例が少ない外国人トップは、今度こそ機能するか。