中国の防空識別圏設定に日米両国が危機感を強めている。安倍晋三首相とバイデン・米副大統領は連携強化を確認した。日本政府はこの問題を逆手に、同盟関係の深化を目指す。