国内の主要倉庫21社の現状を示す指標から景況感を探る。今夏から荷動きが活発となり、景気回復の底堅さが分かる。一方、円安による原材料高に見舞われる業界は停滞感が強まる。