「頑張れ、フクイチ」。福島第1原子力発電所の作業拠点「Jヴィレッジ」の廊下の壁などは、激励の寄せ書きや千羽鶴で埋め尽くされています。しかし、「頑張れ、東京電力」という言葉はあまり見当たらなかった、と今号の特集に取り組んだ記者から報告を受けました。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り657文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「編集長の視点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。