今年9月、第一三共の社内に衝撃が走った。2008年11月に約5000億円で買収したインドの後発薬大手、ランバクシー・ラボラトリーズ。同社のインド国内の工場の1つが、品質問題で米食品医薬品局(FDA)から米国輸出禁止措置を受けたのである。