日本企業によるM&A(合併・買収)で、派手な案件が相次いでいる。まずソフトバンクが今年7月、米携帯電話第3位のスプリントを1兆8000億円もの巨費を投じて買収を完了。その2カ月後には半導体製造装置世界3位の東京エレクトロンが世界首位の米アプライドマテリアルズとの経営統合を発表する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1276文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 “越境M&A”の成否[前編]」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。