120兆円規模と世界最大の運用資産を持つ公的年金の改革が実行段階に移った。政府有識者会議の提言を受け、国債中心の運用から転換する方針だ。ただ金融市場では年金の株式買い増しよりも、実のある成長戦略を求める声が多い。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2580文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層(2013年12月2日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。