清涼飲料メーカーの業界団体が「転嫁カルテル」を申請した。消費増税に備えたものだが、その実効性には疑念がわく。加盟社が注視するのは小売りの動向よりも、飲料大手の価格戦略だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1398文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層(2013年12月2日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。