夫婦であっても、自分1人で趣味の世界などを楽しみたい――。そんなシニアの「おひとり様」向け市場が伸びている。消費意欲が旺盛な彼らの取り込みに、企業は注力し始めた。